男の人

地道に知識を蓄えるべし|現役のサラリーマンでも不動産投資は可能

賃貸収入を安定化させる法

間取り

一括借り上げとは、土地所有者が建てた建物を他の者がそっくり借り上げ、自らの裁量で運営することをいいます。企業における社員寮の運営手法としておなじみですが、賃貸経営においても広く普及しており、家主に業務負担の軽減と収入の安定化をもたらします。

もっと読む

東京以外でも可能性はある

説明

不動産投資といえば東京というイメージが強くなっているのは唯一人口の増加があるためです。しかし狭域の範囲で考慮すると大阪でも収益物件で利益を出すことは可能なのです。不動産価格が安く家賃が高い設定であるメリットもあるのです。

もっと読む

簡単な投資を始めよう

紙幣

マンション経営も可能

サラリーマンは不動産投資を始められるのかと言えば、近年では住宅ローンの利用などによって可能となっています。サラリーマンであっても銀行から融資を受けることができれば、大きな物件を運営することもできます。むしろ自営業よりもサラリーマンの方が身分が安定しているため、融資を受けやすいというメリットもあります。不動産投資を行う前に、セミナーなどで勉強をすることもポイントのひとつです。特に不動産投資について何も知らない場合などは、できるだけいろいろなことを学んでから実際の投資に進んだ方が成功しやすいと言えるでしょう。サラリーマンでは、一般的にワンルームマンション投資などの手軽な物件に投資するケースが多くなっています。まずは地道に知識を蓄えましょう。

一般人も大家になれる

サラリーマンが不動産投資を行う大きな理由として、老後資金の獲得という点があります。最近では自分で投資を行って資産を増やすことをしなければ、老後の資金が足りなくなってしまうという問題が起こります。この問題を解消する目的として、いずれ売却したり自分が利用したりできるマンションの一室を購入しておき、自分が働いている間にローンを完済しておくということが流行しているのです。もちろんそのまま不動産投資の規模を大きくして、サイドビジネスとして行っているサラリーマンも数多くいます。利益が出るようになれば規模を大きくしていっても安定して収益を得ることができますので、不動産の経営がしやすくなるのです。まずは小さな物件から始めてみましょう。

アパート経営のやり方

積み木と紙幣

アパート経営における煩雑な事務手続きを第三者に任せる方法としてサブリースがあります。この方法を用いることによって、家賃保証分を安定的に収入することができます。手数料として何割かはひかれますが、その分だけ手軽に投資できます。

もっと読む