賃貸収入を安定化させる法|地道に知識を蓄えるべし|現役のサラリーマンでも不動産投資は可能
レディ

地道に知識を蓄えるべし|現役のサラリーマンでも不動産投資は可能

賃貸収入を安定化させる法

間取り

合理的な不動産活用術

企業が社員寮などを設置する際によく用いられる手法に、一括借り上げというものがあります。これは、社員寮に適当な土地を見つけた際にそれを購入するのではなく、所有者に要請して建物を建ててもらい、それをそっくり借り上げるというやり方です。企業は多額の土地購入費や建設費を支出することなく、必要な施設を利用することができます。一方、所有者の方も建設費と維持費さえ出せば後は物件管理を企業に任せて賃料だけ受け取れるので、手軽な土地活用法として人気があります。この一括借り上げですが、最近ではアパート等の賃貸住宅の経営方式としても普及が進んでいます。この場合、上の例に倣って言えば企業が不動産管理会社、寮に住む社員が一般の入居者に置き換わります。

入居率に関係なく収入確保

つまり一括借り上げ方式を採用すれば、土地所有者はアパートを建てたらそれを不動産管理会社にそっくり借り上げてもらい、後の運営を一任できることになります。入居者の確保や契約手続き、家賃の収納、日常的な管理業務などは、すべて管理会社と入居者の間だけの事柄として完結します。月々の賃料の支払いについても、冒頭の例と同様になります。社員寮を利用する社員が増えようが減ろうが企業から所有者へ支払う額が変わらないように、アパートの入居率がどう変動しようとも、借り上げ契約そのものを見直さない限りは管理会社から所有者への支払額は一定です。つまり一括借り上げは、家主が自ら借り手探しに奔走しなくても安定した収入が保証されるという、大変便利な経営方式なのです。